女性の間で秘かなブームになっている「膣トレ」、ご存知でしょうか?出産や加齢によって緩んでしまった膣に締まりを取り戻すためのエクササイズや治療、外科手術などの総称です。近年は膣の緩み予防や女性としての魅力を高めるために取り組んでいる人も増加しており、注目が高まっています。

膣トレは何のためにするの?

膣トレの主な目的は、膣の緩みを改善することです。

内臓を支え、膣や肛門を締める働きのある骨盤底筋群は、出産や加齢で徐々にダメージを受けたり、筋力が低下します。その結果、膣の緩みだけでなく尿漏れや便秘といった症状が表れ、進行すると子宮や膣が下がる骨盤内臓器脱が起こります。一般的に膣トレと呼ばれるエクササイズは、骨盤底筋群の筋力をアップすることで症状の改善が期待できます。

また、膣の緩みが重度だったり、効果が早く欲しい人には、女性器形成クリニックや美容外科など専門医で治療や外科手術を受けるという方法もあります。費用はかかりますが、確実に効果が得られるので人気が高まっています。その場合も、再び膣が緩んでしまうのを防ぐために、エクササイズを併せて行うことをおすすめします。

膣トレはどんな人向けなの?

膣の緩みは自分ではなかなか気づきにくいかもしれません。そこで、簡単なチェックポイントを紹介します。当てはまる症状が複数あれば、膣が緩んでいる可能性大!軽度であればセルフケアで改善も可能なので、ぜひチェックしてみてください。

  • 入浴後やプールから上がってしばらくすると膣から水が出てくる
  • 座った時や性交時に膣から空気が漏れるような音がする
  • 尿漏れがある
  • 尿を途中で止めることができない
  • 出産(経腟分娩)の経験がある
  • 座ったままでいることが多く、運動不足気味
  • 便秘がちである
  • パートナーから「緩い」と指摘された
  • 閉経している

また、膣に指を入れて、力を入れた時に圧をあまり感じられない時も要注意です。

「もしかしたら?」と思ったら、女性器形成クリニックや美容外科、婦人科で膣圧測定をしてもらいましょう。どの程度緩んでいるか、正確に知ることができます。

もちろん膣が緩んでいない人にも、予防のための膣トレはおすすめです。骨盤底筋群のトレーニングは、ポッコリお腹の改善やくびれ作りに効果があるだけでなく、性感アップにも繋がるので、ぜひ取り組んでみてください。

膣トレの方法は?

膣トレには自分でできるエクササイズから、専門医による外科手術まで、さまざまな方法があります。膣の緩みの程度や症状、効果、費用などの条件から検討したり、女性器形成クリニックや美容外科で相談して最適な方法を選びましょう。

主な方法には、

  • ケーゲル体操、エクササイズ
  • ペルビックトレーナー
  • インティマレーザー
  • ウルトラヴェラ
  • ビビーブ
  • パールフィラー、ボリュームフィラー
  • 膣縮小手術
  • があります。
    レーザーや超音波を使用する治療器具や、外科的手術を希望する場合は、経験豊富な医師のいるクリニックを選択しましょう。クリニックのサイトや口コミをチェックするのがおすすめです。

    膣トレのメリット・デメリット

    膣トレは膣の緩みや尿漏れなどの症状を改善できるのが最大のメリットです。水が入るのが気になって敬遠していた温泉やプールも心配いりません。また、女性としての自信を取り戻し、セックスに対しても積極的になれるでしょう。実際、膣縮小をして、性的満足が得られるようになったという報告も見られます。

    デメリットとしては、専門医での治療や手術は健康保険の適用外なので、費用が高額になること、方法によっては定期的な施術が必要なことです。また、膣縮小手術の場合は以降の経腟分娩ができなくなるので、妊娠・出産を希望する人は医師とよく相談しましょう。

    膣トレで膣の悩みを改善しよう

    膣の緩みは自然によくなることはありません。しかし、適切な対策をすれば改善は十分可能です。「もしかして…」と思ったら、エクササイズなど自分でできる膣トレから始めたり、専門医に相談しましょう。
    膣トレでも改善できなかった場合は膣縮小手術という方法もあります。
    施術についてご不明点がある場合は女性医師が在籍しているみつゆきみどりによるお悩み相談室がおすすめです。